汚部屋やゴミ屋敷の掃除・片付け、不用品回収なら東京・神奈川の『クリーン・ベア』

メールで無料見積・お問合せ

0120-203-809

お問い合わせはこちら!

アパートの退去に伴う不用品回収

投稿日:2017年3月10日

カテゴリ: 不用品回収    

DSC_1615 - コピー

海老名市での不用品回収です。アパートが取り壊されるため、立ち退きを余儀なくされたお客様。
引越しをするにあたって、事前にいらない物を極力処分したいというのが希望です。
しかしながらお客様の部屋はいわゆるゴミ屋敷状態。今回の立ち退きを契機としてやっと重い腰をあげたとの事。
まずは玄関入ってすぐの台所。膝上あたりまでゴミで埋まっています。導線確保のため手前から掘りだしてゆく。

DSC_1616 - コピー

振り返るとお風呂場がみえます。お風呂場です。物置じゃないです。ここは既にゴミ置き場として使われていたような感じですね。
画像では見えませんが左側に湯船、右側には洗濯機が埋まっています。とりあえずここは後回し。

DSC_1618 - コピー

6畳の居間です。ご覧のとおりの状態。おそらくは寝室でもあったのでしょうが、一体どのような就寝形態だったのか想像できませんでした。
お客様はここ最近ずうっとスーパー銭湯に入り浸っていたそうですが、それにしてもこの部屋で寝ていた時はどうやっていたのか?謎です。

DSC_1619 - コピー

さてまずはいつも通り作業スペースを作ります。とりあえずデカい袋へビニールや買い物袋など、軽いゴミを目いっぱい詰め込んでいきます。
画像手前に見えるのが準備した袋です。ホントは引越しで布団を保護するためのもの。
これらの軽いゴミは小さく圧縮できるので真っ先に無くしてスペースを大きく広げたい。重いものはひとまず後回し。
ドンドン入れるぞ~。

DSC_1622 - コピー

台所でも同じ作業を行い、導線とスペースが確保できました。
次の作業は仕分けです。種類別にダンボールを作り、投げ込んでゆきます。
軽いゴミはそのまま袋詰めを続行し、ダンプの荷台へひっくり返して往復作業。
お風呂場も…凄いなこれ。いやまずは6畳と台所に専念。1人1部屋に集中しよう。

DSC_1624 - コピー

台所の床が見えてきました。お客様が土足であがっていたので、我々も土足で作業させて頂いております。
実際この状態では素足での作業はケガしちゃうかもしれません。でも現場によっては素足のことも当然ありますのでそんな時はダンボールを敷いたりします。
埃なのか砂なのかじゃりじゃりです。
床が見えてくればもうひと踏ん張り。

DSC_1626 - コピー

台所の目処がついたところでお風呂場へ。
見た目に反して、袋に詰められたものばかりなので楽な発掘作業。
でも時々食べ物の詰まった袋が出てくるので、仕分け作業は念入りに行います。
しかしなんで食べ物をお風呂場に入れちゃうんだ…それを言ったらそもそもゴミをお風呂場へ溜めるのもどうなんだという話なんですが。
上述しましたが、画像左側に湯船、右側に洗濯機が埋まってます。まだ見えませんけど。
お客様に洗濯機の電源がまだ入ることを伝えると、「じゃあまた使うから捨てないでね」とのこと。お使いになりますか…
洗濯槽には水がたっぷり残っており、大量のGが浮かんでるんですけども。「動くなら大丈夫」ソ、ソウデスカ。

DSC_1629 - コピー

じゃーん。お風呂場らしくなりましたね。
湯船にもまだ水が張ってありました。いつの水なのかわかりませんが。
引越しの時はこの洗濯機を新居へ持って行くそうですが…新しいの買ったほうがいいんじゃないかな。
でも物を大事にするのは良いことです。ゴミは大事に取っとかないほうがいいですけど。

DSC_1629a - コピー

台所も一段落。
画像に見えるのはお客様の残しておきたい物です。基本的に食品ばかりになりました。
なんか賞味期限の怪しいものばかりですけども。そこらへんはご自分で処理するそうです。
食器棚にもずらりと調味料が並んでおりますが、常温でヤバいんじゃなかろうか。
壊れかけた棚も新居へ持ってゆくそうですが…新しいの買ったほうがいいんじゃないかなあ。

DSC_1630 - コピー

最終的に台所はこんな感じになりました。
流し台の上も調味料と洗剤だらけになってますが、鍋や食器だけは全て処分。
流石に食事に関する物だけは新しい物を購入されるみたいです。
調味料とかも新しいの買ったほうが…
しかしお客様もさっぱりした台所にご満悦のようでした。荷物と一緒にパシャり。綺麗になっても土足です。
もう脱いでも大丈夫ですよ~。

DSC_1630a - コピー

どうにか部屋らしさを取り戻した6畳。でも取り壊しなんだよね…。
アパートは道路からかなり高い位置に建っているのでこのとおり明るくて、眺めも風通しも良いのです。なんだか勿体ないなあ。
押し入れの布団もまだ使うんですって。
ここまでで搬出したゴミの量は2tダンプ一杯分に加え、同じく2tトラックの荷台におよそ半分。結構な量になりました。
リサイクルに回せる荷物はあまりなく、ほとんどはこのまま処分場行きになります。
2名のスタッフでおよそ5時間もかかってしまいました。本来はもっと早く完了させねばなりませんので帰ったら大目玉です。
とはいえお客様にはご満足頂けたようでなによりでありました。

作業内容
作業時間 5.5時間
場所 神奈川県 海老名市
人数 2名
間取り 1K
費用 ¥280,000
事例のトップページへ

0120-203-809